無垢材と聞くと何をイメージされるでしょう?

多くの方が 高級 木のぬくもりがある 自然素材 体に良さそう なんてイメージされる方が多いのではないでしょうか? 無垢材とは自然な状態の木材のこと?? 何て言われる方もおられますが・・・・

多くの方が 無垢材=健康 なんて感じられているようですが。

実は、無垢材といっても沢山の種類があります。

例えば、県産材の桧や杉の多くをを見てみると植林での育てられています。いわば養殖と同じです。

伐採した年輪を見ると年輪の幅が大きいものが大半です。人工的に管理されているので早く成長することになります。邪魔な木は、間引かれいい木だけが残されます。過保護に育てられています。

その過保護に育てられた木を人工乾燥して細胞を破壊してしまします。

人工乾燥された木材は、自然乾燥された木材とは全く別の性質になってしまいます。人工乾燥された木材は、細胞が破壊され木本来の機能を果たすことができなくなっています。

これを無垢材として出回っているものがフロアー材や壁や天井に多く使用されています。

この違い素人では、全くわかりません。プロでも見分けがつかないことが多いですから。

また板目と柾目の加工でも性質は大きく変わってきます。柾目のほうが板目より値段が高くなります。柾目を製材しようとすると板目をとる材料より大きな丸太がいるようになります。なので柾目のフロアーなんて殆ど無いです。

なので板目のフローリングが大半を占める。板目なので木の反りが出てくる。これを抑えるために表面をウレタンでコーチングしてしまう。

巷で無垢材と呼ばれるものが、人工乾燥の板目のウレタン塗装つまり量産品てことです。

中には自然塗料を使われている会社も増えてきましたが

無垢材のイメージで選ぶと、思っていたものとかけ離れたものになってしまいます。

ある意味「うちは無垢材をふんだんに使ってますよ」なんて言われると「無垢だからどういいの」と尋ねてみるのもいいかもしれません。

 

藤田 泰弘

藤田 泰弘

実際にもみの木の内装材を体感して、根本的な家づくりの考え方が変わりました。自分で体感したからこそお客様におススメできるもみの木の家を提供します。

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家 勉強会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
Facebook:個人
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。