家の評価ってどう考えますか?

車で見てみると判断基準はすぐわかりますよね。

レクサスと軽自動車ではどちらがいいかなんて一目瞭然です。

値段に大きく開きがありますから。見た目も大きさもエンジンも内装もすべてが違ってきます。この様なパターンだと判断はしやすいですね。

でもこれが同じグレードの中古車だったらどうでしょう?

年式も色も形も見た目は全く同じ素人では判断がまったくつきません。

値段を聞くと片方は、150万円かたやもう一方は50万円なんてことがあります。

家でも同じようなことがあります。見ためは、同じでも躯体や断熱材や内装材など会社によって仕様は様々です。

素人目にはなかなか判断がつきにくいです。プロから見ても仕様書や図面が無いと構造や内部の断熱材や耐震強度何て仕上がった家だけを見ても判断できません。

なので家の査定となると大まかに築年数で判断されることが多いです。

木造住宅を見てみると築22年たつと資産価値がなくなってしまうと言われています。

そして40年ぐらいで建て替え何て家が多いです。

外国では100年を超えて住み続けられている家がたくさんあります。

せっかく建てた家なのに40年ぐらいで建て替えです。ローンも35年かけて払い終わったらすぐに建て替えです。

その間もメンテナンス費がかかります。外壁の塗り替え、クロスの貼り替え、キッチンリフォームなど様々です。

家にはたくさんのお金がかかります。ここで考えるのですが家の価値が低い家は、売却するとなると資産価値が

無くなるのも早いですし、使用している材料が安価なものだったりするので傷みが早くなります。なのでメンテナンス費が余計にかかることになります。安く買った家でも最終的には大金をつぎ込んでしまうなんてことになりかねません。

最後はお客様が判断されることですが資産価値のある住宅になるとメンテナンスにかかる費用も抑えられ売却するときも価値が上がります。

家づくりはトータルで考えられる事をお勧めします。

 

 

藤田 泰弘

藤田 泰弘

実際にもみの木の内装材を体感して、根本的な家づくりの考え方が変わりました。自分で体感したからこそお客様におススメできるもみの木の家を提供します。

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家 勉強会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
Facebook:個人
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。