エアコンを考える時に思い浮かぶのは「冷房」ではないでしょうか?私は暑がりで

今年の夏エアコンが調子が悪くなって、買い替えを検討。よく冷えて安いのを考えました。

しかし、エアコン選びは暖房が重要なんです!家の造りによって条件はあります。

高気密・高断熱の家である事です。その他の家ではこの考え暖房が大事は当てはまりません(-_-;)

例えば低気密の家は燃料系の暖房機器を使って、エアコンは冷房って考えになります。

冬の朝の気温が0℃で室内が20℃と考えた場合、温度差を20℃になります。(地域によって気温差は有ります)室外と室内の温度差が最大で20℃となります。

夏場外気温35℃で室内温度が25℃であれば温度差は10℃でしかありません。エアコンの

運転としては冬場より夏場の方が良いという事になりますね。

そう考えると、冬場の暖房能力を見て判断する事が大事でしょう。しかし(-_-;)電気屋さんに

相談に行っても理解して頂けないでしょう。家のこと知る建築士や設計者と相談する事が

良いと言えるでしょう。

           ※ネット画像引用

高性能住宅は小さなエアコンでも十分にまかなうことが出来ますね( ´∀` )

そう考えると、電気量販店さんが家の事を理解して的確な商品を進めるわけもなく、

出来るだけ各部屋に1台ずつを勧めるのは仕方のない事です😢

エアコン選びはフラグシップモデルで、暖房能力の高い物が消費電力を抑える事になります。

価格のみでエアコン選びをする事はお勧めしません(;’∀’)結局電気代が高くついてたくさん払う事になります💦

2020年より省エネ基準は義務化となります。当たり前に省エネ基準をクリアーした

家づくりが当たり前になる中、高性能住宅を生かしたエアコン選びをおススメします。

 

営業 平井

平井 秀樹

もみの木販売担当の平井です。”もみの木ハウス”についてお知りになりたい方ドシドシお問い合わせ下さいね☺ドッシリと構えてお待ちしております(笑)

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家 勉強会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
Facebook:個人
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。