物事には表と裏があります。これは全ての事においていえる事でしょう。

建築の世界でも言えることです。

例えば耐震等級を例にとってみましょう。

耐震等級とは住宅の耐震性能をランク別に分けた等級の事です。住宅性能表示制度の 構造の安定に関すること の項目で等級1~3までの3段階で表示されています。

耐震等級1   建築基準法レベルの耐震性能を満たすもの

耐震等級2   耐震等級1の1.25倍

耐震等級3   耐震等級1の1.5倍

となっています。

でもよく見かけるキャッチコピーで「耐震等級3相当」 ここでひっかかるのが3相当? 耐震等級の事が書かれているので耐震性能な事なんだとは、何となく分かりますが・・・・  でも「相当って?」何じゃらほいってなりませんか?

相当を調べるとその物事とほぼ等しい事。それに対応すること。と出てきます。

前で書いたように耐震等級には1~3のランクがあり耐震等級3が最も厳しい基準となっています。

耐震等級3とクリアーするには、耐震力なある部材を使用したり間取りも耐震に影響してくるために耐震測定するための基準が定められています。

正式な耐震等級基準を満たすためには、住宅性能評価機関による検査に合格しないといけません。

住宅性能評価機関の検査にをクリアーするには費用が掛かります。なので正式な監査は受けていない建物であっても耐震等級3の認定を受けている建物と同等の建設資材を使用したり耐震等級3に認定されている建物と同等の様な建物が造られることになります。

耐震等級3をクリアーするには構造計算が必要になってきます。ここに費用がかなり掛かるという事へで「相当」という曖昧な言葉で表現されています。

もみの木ハウスではすべての建物が耐震等級3です。 なので本当の建物になります。

「相当」という曖昧な言葉のもどき物件もあり建築にも表と裏が存在します。

 

藤田 泰弘

藤田 泰弘

実際にもみの木の内装材を体感して、根本的な家づくりの考え方が変わりました。自分で体感したからこそお客様におススメできるもみの木の家を提供します。

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家 勉強会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
Facebook:個人
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。