ランニングコストを考えて家を考えていますか?

ランニングコストとは、家を建てて住みだしてからかかるお金のことです。毎月かかる光熱費や家を維持していくためにかかるお金のの事です。

建てた会社によってランニングコストが変わるって知っていますか?

光熱費で考えてみると外観は同じでも使用している断熱材の種類や施工方法によっては光熱費が大きく変わってくることになります。近頃は省エネ家電が多くなり以前に比べると消費電力も下がりましたが基本的には家の性能で大きく変わります。

高気密高断熱の家だとワンフロア―1台のエアコンで賄えます。

方や普通の家になると各部屋に一台設置してあるんじゃないでしょうか?

近年地球温暖化の影響などで夏が非常に暑い昼間共働きの家庭だと家には誰もいません。

窓を開けっぱなしで仕事に行くなんてことはこのご時世全くと言っていいほどありません。なので夏の強い日差しに昼間ガンガン照らされて部屋の温度はぐんぐん上昇します。家に帰ってからエアコンMAXでかけてもなかなか温度が下がらない。こうなると夏の電気消費量がうなぎ上りに上がってしまいます。

この違いは一年で大きな差がでます。エアコン1台で生活する家と2~3台回す家とでは光熱費も大きく差が出てしまいますから。

外装や内装でも同じことが言えます。

家を建てるときに決めるサイディングでも種類が多くあります。なので種類によっては10年を超えると外壁の塗り替えしたいとならない家も出てきます。

これに比べて30年もつサイディングを使用していたら外壁の修繕は一回で済みます。

なのでランニングコストも考えたうえで決断されるのがいいでしょう。

もみの木の家をイベントで体感

藤田 泰弘

藤田 泰弘

実際にもみの木の内装材を体感して、根本的な家づくりの考え方が変わりました。自分で体感したからこそお客様におススメできるもみの木の家を提供します。

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家 勉強会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ
「もみの木ハウス・和歌山」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
Facebook:個人
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・兵庫」で当社が紹介されました。