地震に強い家はどんな家でしょう?

地震に強い家とは等級によって分けられています。耐震等級の1・2・3と分けられています。

ここで一番地震に強い家は耐震等級3になります。

耐震等級3と言ってもこれだけでは、本当に地震に強いのか?って思う部分もあるでしょう。

そこで家の強さ地震に対しての強さは、「偏心率」によってあらわされます。

偏心率は、値が大きければ大きいほどバランスが悪いと言えます。逆に言うと値が小さいほうがいいです。

数値が0に近づくほどバランスの良い家だと言えます。

建物には重量の中心(重心位置)と、剛性の中心とされる(剛心位置)があります。これは必ずしも一致するものではありません。壁のある場所に偏って配置することで、剛心は偏ってしまいます。

簡単に言うと、重心位置は地震が作用する点で剛心位置を反対に作用する力と考えると、重心位置と剛心位置が同じであれば捻じれることは全くありません。

逆に考えると重心位置と剛心位置が余分な力が働きます。重心と剛心の差が大きければ大きいほど偏心率は大きくなります。つまり構造部材には大きな負担がかかることになってしまいます。

構造部材をバランスよく配置して、偏心率を小さくすることが地震に強い家と言えます。

建築基準法では、偏心率を0.3以内にしなさいと定められています。

偏心率まで計算している会社がどれぐらいあるのかはわかりませんが。

もみの木ハウスでは偏心率を0.2以下に納めています。

一般の人には図面を見ても理解できない所になります。でも複雑な形をした家は危険と言えるかもしれません。

見た目でバランスの悪い家や踏ん張りが効かなさそうな家も危険ですね。

あとよく見るのがガラス張りの家も大地震が来ると地獄を見るかもしれません。

会社によって考え方は様々です。一番いいのが「おたくの会社の耐震等級はいくらですか?」と質問することでしょう!答えのある会社とそうでない会社では住みだしてからの安心度が大きく違ってきますからね。

 

もみの木の家をイベントで体感

藤田 泰弘

藤田 泰弘

実際にもみの木の内装材を体感して、根本的な家づくりの考え方が変わりました。自分で体感したからこそお客様におススメできるもみの木の家を提供します。

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家 勉強会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ
「もみの木ハウス・和歌山」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
Facebook:個人
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・兵庫」で当社が紹介されました。