家の地震対策として3つの方法があります。

「耐震」は家の壁に耐震壁を設けたもので、地震による倒壊を防ぐものです。

「制振」はダンパーなどの制振装置を設置したもので、建物に伝わる地震の揺れを吸収しながら揺れ幅を小さくして建物本体へのダメージを減らすものです。

「免振」は基礎と建物との間にローラーなどの免振装置を設置し地面と建物を切り離したもので、地震そのものを建物へ伝えないものです。

耐震のメリット押しては低価格で工事ができることで、工事が簡単で済みます。しかも地盤や立地を選びませんそして建物自体の強さで地震エネルギーを吸収しますのでデメリットとして揺れの大きさによってダメージが家に残ってしまうことになります。

制振のメリットは構造が弱くても強さを補強することが出来ます。そして何よりも揺れを吸収するので安心感が出ます。メンテナンスによる価格負担を軽減してしかも耐震住宅に条件を選ぶ事なく設置することが出来ます。デメリットととしては、間取りに制限が生まれることがあるのと「耐震」に比べてコストが掛かることです。

免振のメリットは地震時の衝撃を大幅に減らし建物に衝撃を伝えにくいのと家具や内装のダメージを減らします。そして安心感が最も伝わりやすいです。しかしデメリットもあり台風などの強風で揺れることがあったり軟弱地盤では被害が大きくなることがあります。でも一番のデメリットは設置するのにも維持するにも莫大なコストが掛かることです。しかも建物の周囲にゆとりがなければ設定できません。

「耐震」「制振」「免振」とありますがもみの木ハウスではどれなのかて事になりますね。

もみの木ハウスでは「制振」になります。

そして使用する制振装置が「制振ダンパー(TRCダンパー)になります。

最近大きな地震が起こっています。近いうちに南海トラフ地震が起こるともいわれています。いつ起こるかわかりません!

備えあれば憂いなしです。

もみの木の家をイベントで体感

藤田 泰弘

藤田 泰弘

実際にもみの木の内装材を体感して、根本的な家づくりの考え方が変わりました。自分で体感したからこそお客様におススメできるもみの木の家を提供します。

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家 勉強会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ
「もみの木ハウス・和歌山」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
Facebook:個人
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・兵庫」で当社が紹介されました。