断熱性能が変わると生活が大きく変化します!

断熱性能で生活が大きく変化するなんてあまり考えない事ではないでしょうか?

断熱材も色んな種類があって施工方法や工法によって違いが出てきます。

何が違ってくるのか?て事になりますよね。高気密高断熱の家になるとイメージは「暖かそうな家」や「省エネな家」何て思われる人も多いんじゃないでしょうか?

高気密高断熱の家になると冬温かく夏が涼しく過ごせる家になります。

高気密は昔はいくら腕のいい大工さんでもサッシ廻りや壁の隙間など空気の抜けるところが多くありますた。そこを防湿シートや気密テープなどを貼り気密性を上げたのが高気密住宅です。

高断熱は外気の温度差は窓や外壁を通して家の中に伝わります。そのため壁の中に断熱材を充填して断熱性能の高い窓を入れることによって断熱性能を高めているのが高断熱の家です。

なので高気密高断熱な家は、電気代が抑えられます。しかも一年中を通じて快適に過ごせます。お財布にもエコです。さらにヒートショックのリスクも格段に軽減されます。

このように快適な生活が送れるように思いますが実は、高気密高断熱になればなるほど結露には気を付けないといけません!

結露の壁内結露(壁の中での結露)やサッシでも結露は起こります。結露は家にとって大敵です。建物の劣化やカビの原因になります。せっかくの家がカビに侵されては大変です。

家の大敵はカビになります。サッシと断熱材と換気のバランスが重要になります。

内装材でも大きく変わります。これからやってくる梅雨の時期では湿度が高くてジメジメして脱衣場なんかにカビが発生します。そうなると空気環境にも影響を及ぼしかねません。

健康の事を考えると結露しない家が一番です。

高気密の家になると換気にも気を付けないといけません。特に燃焼系の調理器具やストーブやファンヒータ―などは使用しません。二酸化炭素を放出しますから。

高気密高断熱にすることにより生活が大きく変化します。変化する分使用する器具も変わるという事になります。

 

 

もみの木の家をイベントで体感

藤田 泰弘

藤田 泰弘

実際にもみの木の内装材を体感して、根本的な家づくりの考え方が変わりました。自分で体感したからこそお客様におススメできるもみの木の家を提供します。

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家 勉強会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ
「もみの木ハウス・和歌山」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
Facebook:個人
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。

家づくり情報サイト「コダテル・兵庫」で当社が紹介されました。