今どきの家と昔の家

昔の家はすべてが無垢材で自然乾燥された材料で建てられていました。なぜなら人工乾燥といった

システムがない時代では、自然乾燥しか無かったのでで必然的に自然素材になっていました。

壁内断熱の為に土壁・仕上げ材に漆喰塗りが使われていました。土壁と漆喰は相性が良く

湿度を抑える効果が得られていたと思います。古い家でカビだらけの家を見かけません。

カビが少なく花粉なども非常に少なかった為、アレルギーの発症も少なかった。

(舗装道路も少なく、土の道路が多かったために花粉や粉じんが少なかった)

今の住宅は人工乾燥の発展に伴い、新建材が多く採用されています。

室内下地材もプラスターボード(石膏ボード)の上にビニールクロス貼りにて

仕上げが一般的になってきました。最近では、漆喰塗が良いとの宣伝などで

使用されています。

先にも書きましたが、土壁に漆喰は非常に調湿効果が得やすいとは思います。

しかし、石膏ボードとの相性はどうなのだろう。漆喰のみのデータをしっかり

出しているのだろうか?

環境大国ドイツでは、徹底した管理のもと下地材・表層材の相性をしっかり実験しています。

日本は四季折々美しい国です。しかし、今も昔も湿気・カビなどとの闘いの歴史です。

今の住宅は更に結露・アレルギー対策・カビ対策多くの問題が有ります。

全てをよくする方法はあるのか?もみの木の内装材は限りなく今の住宅事情の

問題点を解決できる商材だと考えます!

もみの木の内装材は乾燥・加工にこだわって作成されます。住宅を販売する

工務店・建築会社としてこだわりを持ってもみの木の内装材をおススメしたいと

思います!

※弊社はもみの木の専門業者です。 もみの木の内装材にご興味のある方 こちらまで



新築・リフォーム・店舗ならWoodハウスへお任せください!
アフターフォローも充実!地域密着型の工務店です

Woodハウス

TEL:0794-88-8831/FAX:0794-88-8832

営業時間:10:00~19:00

主な施工エリア:兵庫県▶小野市・三木市・加東市・加西市・加古郡・加古川市・西脇市・多可町


藤田 泰弘

藤田 泰弘

実際にもみの木の内装材を体感して、根本的な家づくりの考え方が変わりました。自分で体感したからこそお客様におススメできるもみの木の家を提供します。

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家 勉強会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
Facebook:個人
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。