IMG_9847

IMG_9848

現在の新築住宅で使用されている内装材。殆どが新建材と言われる

表面にシート貼りされた物か薄い木材を貼って塗装仕上げした物が

多いです。

「経年劣化」という言葉を耳にしたことが有りませんか?新建材は

年数が経つにつれ、日光や紫外線により正面がボロボロになってしまいます。

これは、メーカーさんがいくら否定しても変わらない事実です。

現にリフォームのご相談でお伺いしたお客様のお宅で実際に目にしている

からです!

しかし「経年変化」という言葉を聞いてどう思われますか?悪い響きには

聞こえないと思います(笑)

「経年変化」とはもみの木の内装材では色の変化触り心地の変化の事を指します。

生きたもみの木の内装材は「経年劣化」ではなく「経年変化」していく内装材です。

人工的に作られている物と、自然乾燥による生きた素材を使っている物との差は

やはり年数が経つにつれ大きな差が出てきます。

同じ無垢材でも人工乾燥と自然乾燥ではまったく別の物です。

住宅展示場に行かれて、「無垢に木だから大丈夫ですよ!」と勧められたら

「この無垢材は自然乾燥ですか?人工乾燥ですか?」と質問してください。

木の製造・加工・特徴知らずにお客様におススメしていることが分かります。

本当に木の特性を残して「経年変化」と言えるのは自然乾燥で作られた材料のみです。

Forestbankマルサ工業さんのもみの木の内装材は生きた呼吸する材料です。

まずはもみの木の勉強会セミナーにて知って下さい。どんな形にしろお客様の

家づくりの役に立つことは間違いございません。どのメーカーさんで建てることになったと

しても納得して建てることが出来るお手伝いが出来ると思っています。

まずはお問い合わせ下さい。 ※弊社はもみの木の専門業者です。 お電話・HPにてお問い合わせ下さい。



新築・リフォーム・店舗ならWoodハウスへお任せください!
アフターフォローも充実!地域密着型の工務店です

Woodハウス

TEL:0794-88-8831/FAX:0794-88-8832

営業時間:10:00~19:00

主な施工エリア:兵庫県▶小野市・三木市・加東市・加西市・加古郡・加古川市・西脇市・多可町


藤田 泰弘

藤田 泰弘

実際にもみの木の内装材を体感して、根本的な家づくりの考え方が変わりました。自分で体感したからこそお客様におススメできるもみの木の家を提供します。

開催予定の見学会・イベント

【毎月開催】もみの木の家 勉強会

もみの木ハウス協会の会員ブログ

「もみの木ハウス・鹿児島」のブログ
「もみの木ハウス・新潟」のブログ
「もみの木ハウス・大阪」のブログ
「もみの木ハウス・阪神」のブログ
「もみの木ハウス・香川」のブログ

SNSやってます!

Facebook:公式ページ
Facebook:個人
インスタグラム:個人

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、9社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。(平成28年9月に9社目を確認しました。社名を確認したい方は連絡いただければお知らせいたします)

もみの木が「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

ご注意

フォレストバンクのフォレストキングなどの商品は普通の商材ではありません。お問い合わせは知り得た人、もしくは会社にお願いいたします。それ以外にお問い合わせをする場合、販売できなくなる可能性が有ります。

また、弊社でもみの木の家をご検討される場合、事情によりお断りする場合がございます。もみの木は他でも入手可能です。そちらでご検討ください。お願いいたします。